Ecodaddy's Music Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 第22回ライブレポート!『第29回あざみ野まつり』初出演へ!

<<   作成日時 : 2015/09/01 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 27

画像
8月29日(土)は告知通り『第29回あざみ野まつり』に出演させていただきました。
悪天候により開催が危ぶまれておりましたが、なんとかギリギリもちこたえ無事に開催の運びとなりました。

とにかく以前からずっーと出演したかったお祭りだっただけに、終わった今となっては若干の脱力感と心地よい達成感とが入り混じり満足感で一杯です。

いつもどおり演奏の出来不出来はさておき、あのような歴史のある素晴らしいお祭りに参加できたことは本当に関係者の皆様のお陰と改めて御礼申し上げます。

そもそも出演が決まったのが6月の初旬で、それからというもの、選曲会議に山中湖合宿にスタジオ練習に事前の会場設営のお手伝いにと・・・アッと言う間の3ヶ月でした。

8月に入ると商店街の町並みもポスターやら提灯やらがチラホラ見え始め、お祭りムードも高まって来たところに今回の天候不順という難題が降りかかってきました。

最近の天気予報にしては珍しいくらい日によって「週間天気」の降水確率がコロコロと変わり、当日を迎えるギリギリまで、まるで日々掌の上で転がされているような心境でした。

そもそも夏の屋外ライブ・・・という時点で何が起きるか分らないので、リスクシナリオは想定しておかなければなりませんが、最初から雨の予報・・・となると、これまた別の話であり(苦笑)、最後の最後までハラハラドキドキでした。

今回は事前の会場作り〜設営段階から関わり、メンバー日替わりで配線や提灯付け、またテントの設営等々のお手伝いをさせていただいたので、打ち上げ花火こそなかったのでそこは残念でしたが、’手作りが売り’のあざみ野まつりをほんの少しではありましたが体感することが出来ました。

以下の写真は出来立てホヤホヤの舞台ステージのショットです。ん〜、思ったより奥行きがあって広く、素晴らしいステージです!
画像
画像
そして誰もお客さんがいない会場をなんとな〜くパチリと撮ってみましたが、意外や意外・・・なんだか提灯の光がとても幻想的で美しいです。
画像
画像
本番前最後の一週間は夜な夜なここに関係者が集まり、皆の地道な努力や苦労があって、ここまで29年間もの長きに渡り歴史を積み重ねてきたことを想うと頭が下がる思いです。

当日の朝は曇り時々霧雨・・・という、微妙な感じでいよいよ本番日を迎えました。
我々は10時〜12時を最後の調整ということでスタジオで練習し、その足でいざ会場へ・・・ということで到着したのが13時でしたが早くもチラホラお客さんの姿・・・。

そしておまつり開始の合図である花火が14時にドドーンと打ちあがり、いよいよ今年もあざみ野まつりがスタートしました。

我々はある時はEcodaddy'sのメンバー、ある時は荏子田親父バンドとも名乗り、ある時はサラリーマン、ある時は社長、そしてある時は良きお父さんと、まるで月光仮面のようにいろいろな顔を持ち合わせていますが、今回のお祭りでは’ヨーヨー&スーパーボールすくいおじさん’に変身し、ひたすら子供相手にヨーヨー&スーパーボールのブースを任され、テキ屋のおじさんに徹していました。

雨は降りそうで降らず、「これは何とか最後まで持ちそうだな・・・」と思った瞬間にパラパラ降ったり、そうかと思えば直ぐにやんだりと、安定はしませんでしたが、大降りになることはなく、いよいよ予定よりも20分ほど早い進行で「おやじバンド枠」の時間になったのが陽も落ちた18:30でした。

トップバッターは子供達もお待ちかねのあざみ野おやじバンドA組。
相変わらずの突き抜けたパフォーマンスで子供達も大喜び!さすがエンターテナーですね。いつ観ても盛り上げ上手のプロのようなアマ集団で、私もファンの一人です。

続いてあざみ野おやじバンドB組が登場。
こちらは懐かしい「世良正則&ツイスト」のパンチの効いたジャパニーズ・ロックを披露し、会場に集まったオールド・ファンを楽しませていました。
画像
そして我がEcodaddy'sこと’荏子田親父バンド’がステージに上がったのが19:50過ぎと、20:00までが持ち時間なので確実に足りない状況でのスタートだったこともあり、急遽MCも削り、曲のテンポも上げ、いきなり’巻き’の状態でステージに上がった瞬間、今度はナント雨が強くなり、その日で一番の本降りになってしまいました。
画像
雨の屋外ライブといえば、最近ではフジロック元年となった1997年のヘッドライナー「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」のライブが記憶に新しいですが、やはり何と言っても1971年の後楽園球場でグランドファンク・レイルロードがやった伝説の豪雨ライブですよね〜。土砂降りの豪雨と雷の中、「ハートブレイカー」を熱演するグランドファンクの映像はあまりに感動的で忘れられません。
画像
脱線しましたが、急遽ドラムとキーボードの上にターフを設営し、アンプやスピーカーやモニターにカバーがかけられ、演奏環境としては最悪の状況ではありましたが、ここはそれなりに経験を積んできたEcodaddy'sとしては特に慌てることなく、かつ初めてのリハ無しぶっつけ本番だったにも関わらず、思った以上に落ち着いて演奏がスタートできたように思います。
画像
オープニングは絶対にトチらないだろうという狙いもあり、鉄板のビートルズ 『ALL MY LOVING』。
そして2曲目も目を瞑ってでも出来るイーグルスの『TAKE IT EASY』。
そして名曲『HOTEL CARIFORNIA』ときて、最後がビートルズ初期の名曲『I SAW HER STANDING THERE』の合計4曲を演奏させていただきました。
画像
個人的には雨がかなり降っていたため、ギターが心配でした。言うまでもなく木でできているため、湿気は大敵であり、ボディはラッカー塗装がしてあるので大丈夫ですが、指板がむき出しのローズウッド材は雨をそのまま吸収してしまうため、一度吸った水分はなかなか乾かない特性もあり、今後この影響がどう出るかは心配なところです。
画像
ただギターの心配さえ除けば、雨の中での屋外ライブなどはなかなか経験できない事であり、今後も強烈な思い出としても色褪せることなく残っていくと思います。

実際に演奏している時に思ったのは、想像していたりよりも客席の皆さんの顔がよく見えましたので、それはそれで緊張するきっかけにもなったりするのですが、いざステージに上がってみたら、全く緊張することなく自分の世界に没頭することができました。これも経験を積んできた賜物なんでしょうね。

それにしても相変わらず凄い数のお客さんで、ここ数年はずっとこのステージに上がりたいなぁ・・・と客席側から見ていたのに、ひょんなことからあのステージに上がっている自分を思うと何だか不思議でしたが、そんな中で多少なりともお祭りの引き立て役になれたとすれば、こんなに嬉しいことはありません。

「あざみ野まつりの親父バンド」と言えば、これまで素晴らしい盛り上げ方で客席とステージが一体になるような進め方で、とにかく’お祭りと言えばこのノリでしょ!’とでも言わんばかりの、ある意味プロ並みのパフォーマンスで有名ですが、そんな中に盛り上げ方を知らない我々が入っていって大丈夫なのかな?とずっと心配していましたが、ご覧になられた皆様からみて如何だったでしょうか?やっぱり浮いてましたか?(苦笑)

とにかく念願だったあざみ野まつりに参加できて本当に嬉しく夢が一つ叶いました。
関係者の皆様、本当にありがとうございました。
そしてわざわざ会場まで応援に来ていただいた方々、いつも本当にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

以下、4曲17分、今後’伝説’となるであろう?(笑)雨の屋外ライブでの演奏曲です。

1、ALL My Loving (by The Beatles)
2、Take It Easy (by Eagles) → https://youtu.be/hn82OoYgYxA
3、Hotel California (by Eagles)
4、I Saw Her Standing There (by The Beatles)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(27件)

内 容 ニックネーム/日時
行きましたぁー(^◇^)
ホテルカリフォルニア、年末のライブ以来ですねー
ちょっとボーカルは???という感じでしたが(≧∇≦)
ギターソロ最高でしたっ(^_−)−☆ ヤバかったぁ)^o^(
あざみのまつりで聴くホテルカリフォルニアは格別でした!
さっちん(^_−)−☆
2015/09/03 00:31
たまたま家族で観ていました。
私もバンドをやってます。
ウエストコースト大好き人間なのでイーグルスもよくコピーしています。
同じ音楽をやっている人間として失礼ながら一言。
ストラトを弾いていた方が後半のソロに加わってから壊れましたね。あれならレスポールの人が一人で全部弾いた方が全然いい。他の曲ならまだしもHotel Californiaだけは弾けない人は弾いちゃダメ。
それとこの曲はベースラインが生命線ですが、せっかくタメの効いたいいベースを弾いていたのに、ストラトの方のリズムギターがメチャメチャ…というか、好き勝手に原曲に全くない自分のノリだけで刻んでいるせいで、もはや全然別の曲になってしまってます。もっとちゃんと原曲を聴き込むべきです。ボーカルもあれで人前で歌うのはどうなんでしょう?もっと頑張って下さい。
芹澤
2015/09/03 01:04
あのレスポール、滅茶苦茶いい音してましたね?
59のヒスコレですか?
ほぼドン・フェルダーに近い音が作れてました。
レスターマン
2015/09/03 01:54
ブログの更新待ってました😊
バンド演奏を御目当てに行きました😍
3つのバンドそれぞれのキャラクターがうまくバラけていたので良かったと思います👌
荏子田チームは大人向けの落ち着いた感じで安心して聴いていられました。今回はお祭りなのでもうちょっと楽しそうな雰囲気があっても良かったですね😅
それとも緊張されてたのかな?
来年も観に行きますね👍
ハッピーたま
2015/09/03 06:19
初書き込みっす
バンドでギター弾いてますっ
いやぁー、ホテル〜やってんすね
うちのバンドでもやろうと思ってんすけどあの長いギターソロが弾けなくて困ってまっす
っつーか、対バンとかで何回かホテル〜やってるバンド聴きましたけど、完璧なギターソロを初めて生体験しましたっ
でもいつか弾いてみたいっす!
King Hiro
2015/09/03 06:47
ギター弾くのにカバンはいらんやろ?
USJ
2015/09/03 07:04
次回こそ、Nowhere Man お願いします。
タックスマン
2015/09/03 08:08
友人にこのブログの存在を聞き、前回のライブから参戦しています(o^^o)
初めて拝見した時からあの落ち着いた大人の雰囲気が好きで、今回も鎌倉から駆け付けました^_^
お祭りのステージでも他のバンドと一緒だと逆にあのキャラが際立ち、とてもカッコ良かったです(^O^)/
次回は是非もっと長い時間でたくさんの演奏が聴きたいです(≧∇≦)
この度は素敵な演奏をありがとうございましたm(__)m
メグミン
2015/09/03 08:31
レコード会社で制作を担当しています。あざみ野在住で、昔は私もステージで演奏してました。それにしてもリードギターの方、御上手ですね。HOTEL CALIFORNIAのギターソロは一聴すると早弾き等はなく淡々と弾いているように聞こえますが、実はもの凄く難しいんです。ベンドやスライド、弦跨ぎやビブラート等の基礎はもちろんのこと、あのギターソロの最大の味付けであるタメや突っ込み等の『間』の作り方は素晴らしいです。あとは音作りの部分でフランジャーを掛ければ完璧でしたね。フランジャーを軽く掛けるとドンズバの音になりますよ。ご参考までに。
Jazz Men
2015/09/03 09:31
バンドでベースを弾いていまーす、イエイ😎友達に誘われて行きましたー、イエイ😛同じバンドマンとしてあんなに大勢の観衆の前で…羨ましいなー🙈Hotel Californiaのベース、やっぱ最高っすよね〜😁俺もランディファンです😻ベースとリードギターの音量はもっと大きくても良かったかなー😏逆にリズムギターの音がデカ過ぎて後半のリードソロもリズムセクションのノリもリズムギターの全く違うビートに消されてしまっていたのが残念😡あんなカッティングストロークあったっけ?😵でもあの曲のベースラインはいつ聴いても秀逸だすな👍
チョッパー命&#11088;&#6503...
2015/09/03 09:42
私も青葉台で親父バンドをやってます。
家内にこのお祭りのポスターを見せられ、ネット検索したらこのブログに遭遇しました。
すごいですね、ブログの作成も大変ですよね?(^^;;
バックナンバーも全て楽しく拝見させてもらいました。
どのバンドも三者三様で楽しませてもらいました。
いい刺激をもらいましたので我々も頑張ります!
やっぱ親父バンド、最高ですね^_^
オヤジMAX
2015/09/03 10:31
あれならホテル〜のギターソロは一人で全部弾いた方がよっぽど完成度あがるよ。バンドはアンサンブルだからね、弾けない人が入ることで台無しになるなら任せるべきでしょ。それがたくさんのお客さんの前で演じる人の最低限の礼儀だよ。
有馬記念
2015/09/03 11:33
アップされていることに気付き早速レスろうと思ったら、凄い反響ですね〜(*^^*)
内容はともかく反応がある事はスゴイことですよ!
私はこれからもずっと応援してまーす(^O^)/
次のライブはいつですかー?
ヒロりん
2015/09/03 11:53
結構エコダディーズのライブは観てますが、初コメントです。
コーラスが売りのはずですが、ぶっちゃけイマイチでしたね、スミマセン。
またアイソーハーも調子悪でしたよね?
次回、期待しています!
大吾
2015/09/03 15:02
おっと、コメント初っ端かと思いきや、やけに盛り上がってますね 美しが丘在住のため地区センターライブは何回か行ってるのでそれなりにファンのひとりですが、今回は選曲ミスでは あんなにレパートリーがあるのにまたいつもの曲を揃えて もうお腹一杯です 長くやればファンも増えて聴く回数も増える訳で、そんなファンを飽きさせない工夫も忘れないで下さい お祭りにはお祭り向きの曲ですよ
美しが丘男爵
2015/09/03 18:24
このコメント数はいかにエコダディーズが注目に値するバンドであるかを証明しているように感じます。温かいコメントもあれば、同業者(?(笑))からの辛辣な脳天直撃のパイルドライバー張りの瞬殺コメントもあったりと、ここはまさに闘いのワンダーランドの様相を呈してきていますね。私はとても良かったと思います。あの悪天候の中で、しかも慣れない夜間の屋外ライブでも、持ち味である実直さ、素直さ、音楽を愛する気持ちを体現されていた点等々、観客席から見ていて神々しくさえ感じました。エコダディーズも前のバンドふたつも本職はミュージシャンじゃないんです。普段は家族を養うために必死にそれぞれがそれぞれのフィールドで戦う愛すべきオヤジたちなんです。ステージに上がるだけでなく、まつりの前後の準備作業や当日のテキヤさん業務にも積極的に取り組まれているワケで、そこには地域愛があってのバンド活動があるからこそ、あのステージに立てているのだと思います。アドバイスだか批判だかよく分からないコメントも結構ですが、彼らはプロフェショナルでも何でもないですし、上手下手を問われること自体がナンセンスです。音楽って、そんなに大層なものなんですかね?音を楽しむから音楽なんじゃないんですかね?間違ったって、例えきれいに聴こえなくたって良いじゃないですか。ステージに立つ皆さんはそこに至るまで、本当にいろんな努力をさまざまな部分でされてきているのです。あざみ野まつりの関係者もうまい下手を重視するのなら、適当なプロのバンドを探しますし、過去はそうしてきていたはずです。地元住民でまつりを盛り上げるのが理想であったからこそ、現在のような暖かい雰囲気のステージ枠になっているんでしょうね。音楽をやるのって、結局は気持ちよくさせてあげないと良い調子で音なんて出せないし歌えません!ボクはこれからも応援しますよ!エコダディーズ最高!
孤狼仮面エル・ソリタリオ
2015/09/03 18:53
あのステージは、上手いとか下手だとかいうレベルの話ではなくて、地域のお祭りを自分達で盛り上げよう!そのために仕事帰りに夜な夜なメンバーが提灯をつけたり、ヨーヨー釣りの店番やったり、お祭りの翌日早朝から後片付けしたりと20分のステージの為にどれだけ汗かいていることか!
すべてを含めて最高ステージでしたよ。



57GT
2015/09/03 22:32
イーズルスファン歴ウン十年で私もバンドやってました。
会場の裏に住んでます。
ここ数年アマチュアバンドの方が夜になると演奏されてますが観に行ったのは初めてです。
というのもTake It Easyのイントロが聴こえてきたので思わず家を出ました。
Hotel California、いいですね、あのベースの旋律はなんともノスタルジックですね。
ギターソロも雰囲気抜群で思わず聴き入りました。
ただ他の方も書かれてますが、サイドギターお二人のリズムはバラバラでしたね。
ただ好きに弾いてるだけで、コピーされてないですね。
アコギもグレン・フライとは程遠いリズム感で残念。
ボーカルは…初めて歌われたのでしょうか???
あの曲は誰もが知っている名曲中の名曲ですから、やられるならちゃんとコピーしないと聴いている人の想い出ごと幻滅させてしまうことになります。
他コメントも拝見しましたが、同様の思いの方も多いのではないでしょうか。
あざみ野Love
2015/09/06 01:45
人様の前でステージに上がるのに普段着はないやろ
それとカウント暗すぎでウケタ
だんじりスター
2015/09/06 07:55
ホテルカリフォルニアについて一言。あの曲はバンドマンなら誰しもがやりたい曲です。しかしだいたいが二つの理由からアマチュアバンドは断念します。一つはボーカルのキーが高過ぎて合わない。そしてもう一つがあの2分半も延々続く長く雰囲気を出すのが極めて難しいあのギターソロ。あざみ野まつりは毎年行っているので今回のライブを拝見しましたが、おおかた他のコメント同様の感想です。決してドラムに歌って欲しい、12弦で弾いて欲しい、ダブルネックを使って欲しい、リッケンのベースじゃなきゃとは申しませんが、終始走って突っ込み気味のドラム、合わせるのか合わせないのかはっきりしないハーモニー、二本のリズムギターのレベル、そして失礼ながらよく分からないボーカル。きっといいバンドなんでしょうけど、あの曲をあのレベルでやれば、毎回同じことを言われ続けると思います。何故なら皆んなあの曲は大好きだからです。ベートーベンの第九をクラシックファンの前で披露するのと同じようなものです。
ならず者
2015/09/06 09:19
洋楽コピーバンドで鍵盤担当です👍同じ担当なのでずっと注目してましたが、鍵盤の人、規則正しく和音のみって😅どの曲も全部和音を一定のリズムで弾くだけって😅メロパートがリードGだけじゃ辛いっしょ😱鍵盤地位向上のためにも辛口コメントに一票😎
鍵盤地位向上委員会
2015/09/06 11:24
鍵盤担当?あんなもん、単なるハモり要員やろ
だんじりスター
2015/09/06 13:40
こんばんは*\(^o^)/*
雨の中わたしも観てましたー(=^x^=)
難しいことはよく分かりませんが、あの手の洋楽が好きなのでわたしは楽しかったです(^_−)−☆
やっぱ生バンドはいいですねー(o^^o)
もっと他にも聴きたかったです(クラプトンがカットされたのかな?)
あの歳で仲間と演奏できるなんて羨ましいです^_^
次は何処でいつライブやるのか教えてください(^^)
また観に行きますので頑張って下さい(^O^)/
まちゃみ
2015/09/07 00:44
上手い訳でもない
面白い訳でもない
楽しそうな訳でもない
明るい訳でもない
でたー( ̄▽ ̄)
これぞ NAI NAI 16 ♪
シブがきオヤジ
2015/09/11 21:49
Please tell us the location and dates of the next live.
ジョン・レモン
2015/09/12 08:23
唄えない 弾けない ハモれないなら俺が代わってやるよ
長渕剛子
2015/09/14 08:22
行きたかったのですが雨模様だったので今回は行きませんでしたが🙏友達が撮ったビデオで昨日観ました!😛

雨の中で大変でしたね〜😭しかし私も楽器やってますがあれだけギター弾けたら楽しいでしょうね😎

みんなで歌うバンドも珍しいですよね😵友達曰くハーモニーがウリのバンドと聞きましたので次回は綺麗なハモりを期待します👍👍👍
チルチルミスチル&#127758;
2015/09/14 09:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
第22回ライブレポート!『第29回あざみ野まつり』初出演へ! Ecodaddy's Music Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる