Ecodaddy's Music Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 第24回ライブレポート!『鷺沼さくら祭り2016』へ5度目の出演!

<<   作成日時 : 2016/04/09 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
4月2日(土)は恒例の『第7回 鷺沼さくらまつり』へ5回目の出演を果たしました。
もはや例年お約束の雨模様(苦笑)ではありましたが、何とか最後までもってくれました。
本来であれば春の青空のもと、満開の桜をバックに開放的な屋外ステージで…といきたいところでしたが、今年も残念ながら最初からステージ上には雨よけの大型テントが張られていました。
画像
リハが8:30〜で本番が14:30〜と、これまたいつものタイムスケジュールで我々もさすがに慣れました。

今回は何と言っても2代目ベーシストである須川さんのデビューライブとなりました。
新年早々1月16日の練習から緊急参戦となり、わずか3ヶ月弱でデビューステージに立つというのはある意味驚異的です。
画像
ポールマッカートニーというと、まず普通は「ビートルズ」「ジョンと一緒にメインボーカルをとった人」「希代のメロディメーカー」といったイメージが連想されますが、言うまでもなくポールは演奏者としては天才的な技術とセンスを持ち合わせた「ベーシスト」であり、ただ単にビートルズを聴いているだけの対象としてみれば埋もれがちですが、いざバンドでベースをコピーしようとすると、そのやっていることの凄さはベーシストの常識を遥かに超えています。
画像
分かりやすく言うならば、ベース=リズムセクションといった常識を、ポールはベース=メロディ楽器としてバンド内での役割を大きく変えてみせた初めてのベーシストでした。
画像
ビートルズといえば短くコンパクトにまとめられた曲構成、万人に分かりやすいキャッチーなメロディライン、軽々とやってのける美しいハーモニーと、バンド初心者がまず最初に取り組みたがるバンドの代表格ではありますが、実は楽器別のパートで言えばベースに関しては極めて難易度が高く、聴くのとやるのでは雲泥の差があるのがポールマッカートニーという人のベースです。更にポールは歌いながらそれをやってのけている訳ですから…もはやバケモノです。
画像
それにいきなり順応する大変さを少しでもご理解いただければ幸いです(笑)。
また、今回はPAさんもとても細かい配慮の行き届く会社に変わっており(バンドマンにとっては結構大きな出来事です)、いろいろな意味で新生Ecodaddy'sのリスタートがきれました。
画像
今回は初心に返る『原点回帰』をコンセプトに、選曲もほぼビートルズを中心に構成。
しかも中期以降のレパートリーが多いEcodaddy'sとしては珍しく、初期の代表曲を中心に演奏しました。いざやってみるとやはり初期の曲はパンチの効いた元気のいい曲が多いですね。
たまにはこういった選曲でやってみるのもいいな、と感じました。

たまプラーザからずっと続く桜並木も例年の4月第一週はまだまだ満開とはいかなかったですが、今年は暖冬の影響かほぼ満開で、それはそれは綺麗な桜も堪能できました。

翌日もライブが控えていたため、打ち上げをやることなく翌日に備えてその日は早くに解散…、などということはこのバンドに限ってはなく(笑)、夕方からしっかり打ち上げをやって翌日に備えました(笑)。
画像
以下、6曲22分、新生Ecodaddy'sの原点回帰ステージでの演奏曲です。

1、Help!(by Beatles)
2、All My Loving (by Beatles)
3、I Saw Her Standing There (by Beatles)
4、In My Life (by Beatles) → https://youtu.be/kOXt_smtor8
5、She Loves You (by Beatles) → https://youtu.be/tSTp1yiYU5k
6、Take It Easy (by Eagles)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
行きましたよ!リッケンちょっと音が荒かったですね。リッケンの音作りはホント難しい。でもリズムはキレてました!😄
ナベツネ
2016/04/15 07:06
「あーそれそれ」「うん、あったあった」「ね?思い出したでしょ?」とMCの内容が5年前から毎回一緒なのは考えた方がいいのでは?好きで毎回追い掛けて聴きに来ている人がいることも忘れないで下さい。
枝子田魂
2016/04/16 20:48
枝子田魂さん、それを言ったら前はこのバンド、譜面台なんかに頼ってなかったのにここ最近のライブはずっと譜面台が置いてあるよ。ロックバンドに譜面台ってどうなの?初めて見た。あれじゃまるでクラシックコンサート。せっかく洋楽やってます!とか言ってもカンペ見ながらだと聴いてる方は正直興醒めだしスゴさ半減だよ。実は自分達が思ってる以上に見に来てる人達は冷静にちゃんと見てる・見られてることをもっと自覚しないとせっかく付いたファンも離れちゃうよ?いくちゃんさん!
れっといっとブー
2016/04/17 01:04
今回も良かったですよ〜(^O^)/
大人のバンドは安心感があっていいですよね!
次回はもっとイーグルスをやって欲しいでーす\(^o^)/
さっちんo(^_-)O
2016/04/17 10:36
今年も行きました!
最初だけ調子悪?でしたけど、楽しめましたよ!
ビートルズのコピーバンドはあちこちで聴けるので、是非ビートルズ以外を次回はお願いします!
大吾
2016/04/19 19:37
ちょっと選曲が単調だったような気がします😏while my guitar jently weeps みたいな曲をやればグッと聴いてる方も緊張感が出てライブっぽくなりますよ☺あれ?レパートリーにありましたよね?🤔
44リボルバー
2016/04/24 00:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
第24回ライブレポート!『鷺沼さくら祭り2016』へ5度目の出演! Ecodaddy's Music Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる