Ecodaddy's Music Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 第33回ライブレポート!『荏子田祭り2017』出演へ!

<<   作成日時 : 2017/10/17 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
10月7日(土)はEcodaddy'sとして初めて荏子田祭りに参加させていただきました。
画像
バンド結成8年目になりますが、毎年出演するかしないかにつき話しは出ていましたが、メンバーの半分がお祭りの役員を兼ねている関係で神輿を担ぐ人、周辺の警備をする人、全体を仕切る人等がいながらの夜のバンド演奏には少し無理があるかも…と、ずっと断念してきましたが、ついに今回Ecodaddy'sとして"荏子田祭りデビュー"を果たしました。
画像
当日は1週間前から変わらずの雨予報。
開催が危ぶまれましたが前日になってようやく午後からは雨もやむとの予報に変わり、心の中で"てるてる坊主"を吊るした結果、朝起きてみたらやはり雨(苦笑)。
画像
それでも予定通りお祭り関係者は朝7時に自治会館に勢揃い。傘をさしながら我らが郁さんが陣頭指揮を執り、みんなそれぞれ予め決められた役割分担の持ち場に散ってゆき、あとはその手際の良さといったら驚くほどで、やはり自分も含めてですがおやじ連中は朝早くは強いなぁ…と改めて実感しました(^^)
画像
イベント会場は今年からこれまでの遊水池ではなく上の荏子田公園となり、そういう意味では主催者側もどうなるか…気を揉んでいたようですが、結果今回のように雨となると水捌けの良い荏子田公園で正解だったと思います。
画像
ただそうは言ってもまだ雨が降っている中での会場設営となったので、まずは地面の水捌け整備から地道に始め、水溜りになってしまっている場所の雨水を汲み出したり、土を盛ったり、ならしたりと、やはり『手作りのお祭りだなぁ』と痛感しました。
画像
午前中は神輿の巡行組とイベント会場設営組に大きく分かれ、それぞれに集中した時間でした。
画像
お昼前には雨もやみ、会場が少しづつ出来上がるのに合わせて"お祭り感"も出てきていい感じ。
そしていよいよ15:30からイベントがスタートしました。
画像
お囃子あり、ダンスあり、コーラスあり、ブラバンありの大盛り上がりの中、Ecodaddy'sの登場は当初の予定から20分以上遅れての18:30近かったでしょうか…、もう辺りも真っ暗になり、完全なる夜の屋外ライブとなりました。
画像
今回はメンバー全員、荏子田の法被を着用してのステージアクトとなりました。辛子色を冨山さんと中村さん、小豆色を仙波さんと佐々木さん、そして今回新たに作成されたというおニューの緑の法被を八重沢さんと降旗が着用し、オープニングナンバーの『Oh,Pretty Woman』(by Roy Orbison / 1964年)でいよいよ演奏スタート。
画像
今回はお祭りの役員を兼ねているメンバーは直前まで準備で忙しく、単身赴任のメンバーもおり、なかなかメンバーの都合がつかなかったこともあり、Ecodaddy'sとしては珍しいことに直前の練習は一切無しで当日に臨みました。
画像
最後に音合わせしたのが3週間前…という、これまでにない冒険でしたが、やはり音楽の神様は厳しく、Ecodaddy's本来のパフォーマンスを披露することはできませんでした。
画像
もちろん役員を兼ねているメンバーにすれば当日は朝から神輿を担ぎ、その他諸々の対応で満身創痍の状態でのステージとなり、それ以外のメンバーもやはり『バンドは生き物』とはよく言ったもので、3週間も音合わせもせず、ぶっつけ本番に臨んで最高のパフォーマンスを披露できるほどバンドは甘いものではない!ということを改めて痛感させられました。
画像
個人的なことで申しあげれば、特にその中でも私自身の演奏は、これまで30回以上Ecodaddy'sとしてライブをやってきましたが、間違いなく史上最低の酷い出来で、メンバーにも来ていただいたお客さんにも申し訳ないことをしたと猛省しております。
画像
そんなこんなで演奏自体は記憶から消し去りたい想いではありますが(笑)ギターを弾き始めた時から『お客さんの前で恥をかくことも含めてバンド活動』だとも思っているので、また1から練習して頑張りたいと思います!
画像
そんなこんなではありましたが、お祭り自体はとても盛り上がり、大半楽しく、素晴らしいイベントだったと思いますし、その原動力は地元の方々、荏子田小学校の先生方、そして子供達の熱い想いがあってこその"成功"だったと改めて思います。
画像
当たり前の話ではありますが、メンバーも毎年確実に歳をとっていく訳で(笑)このハードなライブを来年もやるのか、やれるのか、は正直分かりませんが、もしやれるのであれば、また来年もこの地元"荏子田"の地で皆さんと再会したいと思います。
画像
そう言えば今回、PAを担当してくれたのが元リーダー兼初代ベーシストだった佐藤さんだったり、Billy Joelの『You May Be Right』のサックスソロを二代目ベーシストだった須川さんが飛び入りで吹いてくれたりと、地元のライブならではの嬉しい出来事もありました。
画像
最後は根岸会長を特別ゲストにお招きし、もはや恒例?となった北島三郎の『まつり』を桐蔭学園のJKの和太鼓とのスペシャル・コラボレーションで(これもぶっつけ本番でした)熱唱していただき、大盛り上がりの中、我々Ecodaddy'sのステージは幕を閉じました。
画像
全ての演者さんが帰り支度をする中、また全員でステージの撤収作業を手際よくおこない、その後は皆さんお楽しみの大打ち上げ大会が自治会館で執り行われましたが、神輿を担ぐ方々は翌日もあるので、22:30には退散となり、長い1日が終わりました。
画像
Ecodaddy'sと名乗りながら地元荏子田でのライブ実績がほとんどない我々からすれば、やはり地元の人の前で演奏するのは"ホーム感"があってイイですね…、なんとも言えない包まれている感じ?というのでしょうか…。
画像
これからも荏子田の町が少しでも活気づき、皆んなが仲良く暮らせる町になることを祈念してやみません。
ご来場のうえ応援していただきありがとうございました。
これからもどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m
以下、当日の8曲42分のセットリストです。

1、Oh、Pretty Woman(by Roy Orbison)
2、Nowhere Man(by The Beatles)
3、Help!(by The Beatles)
4、Have You Ever Seen The Rain?(by C.C.R.)
5、Hotel California(by The Eagles)
6、One Of These Nights(by The Eagles)
7、You May Be Right(by Billy Joel)
https://youtu.be/mKmvhrK_eVw
8、まつり(by 北島三郎)with 根岸会長&桐蔭学園女子和太鼓

All Photo By Hajime Saitou

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第33回ライブレポート!『荏子田祭り2017』出演へ! Ecodaddy's Music Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる